JACOB COHËN(ヤコブコーエン)

美脚ジーンズの名で誉れ高いテーラメイドデニム JACOB COHËN(ヤコブ・コーエン)

ヤコブコーエンは1985年にイタリアで誕生しました。
リーバイス501をリスペクトしつつも、イタリアのパンタロンを想像させる立体的裁断で美しいラインを確立。

ジーンズは単なるワークパンツではなく、ライフスタイルであるという新しい感覚を基に、ヤコブ・コーエンは常にパーフェクトなfittingのモデルを探求しています。「ジーンズを着慣れない人でも、どんなシーンにもフィットし、快適でありながらエレガントなジーンズを創ること」これがヤコブ・コーエンの核となるフィロソフィーです。

BLUEBERRY HILLでは、今まで一度も、ジーンズをはいたことがない方が「もう、ヤコブなしでは服が決まらない!」というくらい、これまでと比べて格段に足が長く綺麗に見え、スマートな着こなしが可能になります。

なぜ、美脚デニムと言われれるのか。

その理由は、すべての商品をイタリアの高級スーツを作る工場で、手作業で行っているテーラーメイドであること。

ヤコブ・コーエン独自の技法『くせとり』と言われるアイロンワークにより、太ももに皺が寄らずまるでスラックスを履いているようなエレガントな立ち姿で、日本人が履いても、足が長くスマートなシルエットが作れること。

これこそが、日本でもヤコブ・コーエンのジーンズが高い評価を得ている理由です。

上品な大人のカジュアルスタイルにベストな一本です。

ぜひ、お店でヤコブ・コーエンの美脚シルエットをご体験ください。

 

関連記事